読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きねまないと

最近映画が好きになった大学生が素人目線で好き勝手に映画の感想を綴る日記。

これはジャニーズ映画でも恋愛映画でもない!人と人の縁の物語だ!「僕らのご飯は明日で待ってる」

 

 

初めましての方も、お久しぶりの方も、前回ぶりの方もこんばんは。

あやめです。

 

本日の映画

Hey!Say!JUMPのメンバー中島裕翔さん主演映画「僕らのご飯は明日で待ってる」についてお話ししていきます。

ジャニーズが嫌いな人、恋愛映画が嫌いな人に届け!!この熱い思い!!!

f:id:slhukss1:20170109234646j:plain

(source:映画『僕らのごはんは明日で待ってる』2017年1月7日(土)全国ロードショー)

 

あらすじ

教室でとにかく暗く黄昏まくっている主人公・葉山亮太はぼーっとしているうちに体育祭の米袋ジャンプという競技のクラス走者になってしまう

「体育委員だから仕方なく葉山とのペアになってあげたんだから」という上村小春と仕方なく特訓をすることに。

上村と練習をしているうちに、葉山はだんだんと彼女の歯に衣着せぬ物言いや意外と自分のことを気にかけてくれているやさしさなどに触れていく

そして二人は付き合うことになり、幸せな日々を過ごすのだった。

しかし、交際が始まって3年が経ったある日、上村が突然別れを切り出す。

もう別れよう。3年も経ったし、もういいでしょ。

突然で自分勝手な上村の言い分に納得できないまま二人は別れてしまう。そうして葉山はまた黄昏る人に戻ってしまうが、上村のことが忘れられない日々を過ごすのだが…。

 

詳しくはこちらをご覧ください。


Hey! Say! JUMP中島裕翔主演『僕らのごはんは明日で待ってる』予告編

 

感想

映画の感想を語る前に、ちょっと言わせてください。

実は、私TOHOシネマズのシネマイルをついに6000マイル貯めることに成功しました~!!!!!

TOHOシネマズのシネマイルってなんやねんって感じだとは思うんですが、簡単に説明すると映画を観た時間だけたまるポイントのことです。

それを6000マイル貯めると、こんなものをもらえます!

 ジャジャジャー――――ン!というわけで、1ヶ月フリーパスを手にした私は、この一か月間をこのような期間にすることにしました。

クソ映画強化月間

です。というわけで、この一発目として「土竜の唄 香港協奏曲」を観に行ったんですが、これがまぁクソ映画でほんとにこのフリーパスで観てよかったな!って思うくらいクソだったので、この話もいつかしたいです。

そして、このクソ映画強化月間の第2弾目として観に行ったのが今回お話しする「僕らのご飯は明日で待ってる」です。

この映画を鑑賞前に私がクソ映画だと思ったのは

 宣伝に「うるキュン」とか使ってて、「う、うわ~…寒い…」と思ったからなのと、そもそも恋愛映画を自ら1800円(実際は学生なので1500円ですが)払って観る習慣がないからなのですが、とにかくそういう理由でクソ映画認定してました。

 

が、全力で土下座この映画、素晴らしかったです…!!!

まずこの映画、「うるキュン」とかそんなクソ言語使っていい映画ではなかったです。そして、ジャニーズ映画でもなかったです。そして恋愛映画でもなかったです。

簡単に言うと、

映画の内容いいのにどうして宣伝パブリシティ担当はこんなことをしてしまったの…?!?!?!?!

という思いでいっぱいになる映画でした。本当にもっと、もっと、いろんな人に観ていただきたい映画でした。

では以下詳しく感想を述べます。

 

 

①恋愛映画ではなく、「絆」もしくは「縁」そして「思いやり」を描いた映画

f:id:slhukss1:20170110000800j:plain

(source:映画「僕らのごはんは明日で待ってる」 新木優子演じるヒロインの場面カットが公開 - CDJournal ニュース)

まず先ほど紹介したように、宣伝の仕方が「不器用な二人のうるキュン恋愛映画」みたいな感じなのですが、そんな映画ではなかったです。

というかそんな映画として観に行ったらそれはそれで期待外れな気がする。キュン要素あんまりないもの、この映画。

で、私がこの映画にキャッチコピーをつけるなら「ズバッと女子と黄昏男子の絆の物語」です。

一応この二人の関係性は恋人ではあるのですが、私はこの二人は一般的な恋愛をしている男女と言うよりは、パズルのピースがぴったりはまった関係といいますか、互いでなければ絶対にダメな二人の関係でした。

とってもかわいらしい二人の関係だったんですが、この映画には最低限のハグとキスしか出てこないんです!!!!!!

恋愛映画において、私はカップルがハグやらキスやらしてときめきワードをいうのが苦手です。(だから今回観に行ったら三浦翔平があすなろ抱きしたりする映画の予告が出てきて死にそうになりました。やめてください)

そんな恋愛映画が苦手な私のために作られたのか????と思うほど最低限のいちゃつきしか出てこないこの映画最高でした。

というか、この映画何度でもいうんですが、恋愛映画ではなくて、人のことを思いやると人はどこまでできるのか、そしてその思いやりの形はどのようなものが一番正しいのか、ということを描いた作品だとおもうんですよね…。

恋愛うるキュン映画じゃないぞ!!!

 

②世界には佐々木希以外にもこんなにかわいい人がいる。

とつぜんなんですけど、佐々木希さんって、めっちゃかわいいじゃないですか…。

そんな佐々木希さんレベルでめっちゃかわいい人がいました!

f:id:slhukss1:20170110002250j:plain

(source:【PICK UP特集】映画『僕らのごはんは明日で待ってる』舞台挨拶レポート♪ | 家族生活お楽しみサイト フルルKansai)

新木優子さんです!私はこの映画で初めて新木さんをしったのですが、元々子役として長いキャリアを積んでこられた方らしく、non-noモデルとしても活躍されていた方みたいです。

こんなとーってもかわいい新木さんが、今回ヒロインの上村小春を演じています。

この上村の役がまた難しいんですけれど、顔はかわいいけれど、物言いが半端なく容赦ない女の子なんです。

ちょっと演技の仕方を間違えると完全にいやな奴になってしまう上村を、新木さんは魅力ある役としてしっかりと演じていて、素晴らしい演技でした。

少しだけ棒読みっぽく敢えて演じているところだとか、わずかな表情の違いだとか、本当に繊細な演技が得意な人なのだと驚かされました。今後の活躍にも期待です!

 

③中島裕翔はアイドルでいいのか。

f:id:slhukss1:20170110002919j:plain

昨年の今頃公開の映画「ピンクとグレー」の主演に大抜擢されて以降、演技力が高いと評判の中島裕翔さんなんですが、本当にすごい。俳優力があります。

個人的には「ピンクとグレー」よりも、今作の演技の方が好きです。

今作で演じている葉山亮太は、ちょっと変わり者で人間関係を築くことが全体的に不器用な役なのですが、本当にそんな人なのでは?と思うほど自然に演じていました。

また、この作品は原作が小説なこともあって、ところどころ小説言葉のようなセリフがあるのですが、そんなセリフも中島君の演技で全然不自然に聞こえないのです。素晴らしい!

特に私がすきだったシーンは一生懸命走るシーン、ではなくて、ハグのシーンです。あのシーンの不器用さがものすごく好きでした。

この人、アイドルなんかやってないで俳優やってた方がいいのでは…?なんて思ったり、思わなかったり。

でもそれやっちゃうと山田涼介とのコンサートの絡みが観られなくなるからやっぱりアイドルでいて…!

 

④残念な点は…

f:id:slhukss1:20170110003355j:plain

(source:僕らのごはんは明日で待ってる || TOHOシネマズ)

ここまでベタ褒めしてきた「ぼくごは」ですが、残念な点が…。それは、

彼女の秘密ってのが、だいたい予告で予想できてしまう

ということ。秘密、って書くくらいなら観客の想像を超えてほしいんですよね…。これだったら全然観客も予想してたっていうかそれじゃないといいなぁ、と思ってたのにそれできたよなぁ…という秘密の内容なんですよね。

いや、細かく言うと、なるほどね!という秘密なんですが、それでも期待値は超えない秘密なので、残念でした。

個人的にはこれオチが「陽だまりの彼女」みたいな感じだったらものすごく好きだったかもしれない…!と思いましたが、そんな展開はきませんでした。本当に残念。

というわけで、オチが弱いのでちょっとだけ満足感が足りない印象で終わってしまいます。うーん、惜しい!

 

まとめ

f:id:slhukss1:20170110003754j:plain

(source:僕らのごはんは明日で待ってる || TOHOシネマズ

そんなわけで「ぼくごは」について今回はお話しさせていただきました!

恋愛映画なのにとーっても満足できる作品だったので、ぜひぜひ皆さんに観ていただきたいです!

っていうかTOHOシネマズ渋谷で鑑賞したんですけれど公開2日目にして席がガラガラでこれはやべぇ!と思ったので急いで感想記事を書いている次第です!埋もれていい作品じゃない、これは!!!!

そんなガラガラになっちゃうほどひどい映画じゃないですよ~!!!全然「スースク」より面白い映画だからみんな頼む、観てくれ…!!!!

slhukss1.hatenablog.com

 

「ぼくごは」はカップルで観るのもいいと思いますが、個人的には家族で観るのが楽しいかな、と思います。あとは女友達と観に行って中島裕翔の鼻の形の造形美に酔いしれるのがいいかもしれない。(上映時間中80分くらい中島裕翔の鼻の造形美に心を持っていかれそうになっていました。)

 

追記

本作で主演を務めました中島裕翔さんが所属するHey!Say!JUMPのアリーナツアーが決定しましたね!10周年の記念コンサートですので、少しでもHey!Say!JUMPに興味がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?詳細は以下のURLよりどうぞ!

http://www.johnnys-net.jp/page?id=consta&artist=15

また、先日Hey!Say!JUMPの最新コンサートDVD「DEAR.」も発売になりました。メンバーそれぞれのマルチアングルが収録されている初回限定版も発売中ですので、今作で中島君の魅力に取りつかれた方にはとってもおすすめです!ぜひどうぞ!

 

 

おすすめ過去記事

 ・おすすめ恋愛映画

slhukss1.hatenablog.com

slhukss1.hatenablog.com

slhukss1.hatenablog.com

slhukss1.hatenablog.com

 

・ジャニーズ映画、だけどジャニーズ映画ではない映画

slhukss1.hatenablog.com