きねまないと

最近映画が好きになった20代が素人目線で好き勝手に映画の感想を綴る日記。

『未成年だけどコドモじゃない』を観たらケンティーの彼女になってたんだけど質問ある?

 

 

 

初めましての方も、お久しぶりの方も、前回ぶりの方もこんばんは。

あやめです。

 

さて、本日はSexy Zone中島健人さんと平佑奈さん、Hey!Say!JUMPの知念侑李さんが主演の未成年だけどコドモじゃないについてお話ししていきます。

f:id:slhukss1:20180111001745j:plain

source:https://twitter.com/misekodo1223/status/945223050928177152

 

はじめに

「えっ なんでこの人『キングスマン』観に行った後にジャニーズの映画観に行ってんの」とか「やっぱりこの人ジャニヲタなんだな…」とかいろいろ思われてるとは思うんですが、私がこの映画を観ることになったのには理由がありまして。

 

今年の私の映画目標

f:id:slhukss1:20180111002353j:plain

source:電撃 - 【速報】男性アイドル版『アイマス』、『アイドルマスター SideM』が発表! 登場キャラクターの中にはJupiterの3人も

2017年の私の映画目標は「少年漫画を原作とする実写映画をなるだけすべて観る」というものでした。

slhukss1.hatenablog.com

 そしてこんな記事も書きました。これが結構面白かったんですよね。普段観ないような映画もこのおかげでいろいろ観ることができましたし、しかも私の場合邦画はミニシアター系のような映画を観に行くことが多いので、こういう大衆向け映画を観に行く機会ができたのはかなり楽しかったです。

で、このような企画を今年もやりたいな~と思って、ただ昨年と同じ目標じゃ面白くないなと思ったので、今年は「ジャニーズ映画をほぼ全部観るぞ!」というものにしました。

ただ、ジャニーズが出ている映画ならなんでも観る、とするとジャニーズというのは本当に昨今いろんな映画に出ているので、「ジャニーズが主演または準主演の2018年公開の映画を観に行く」っていう目標なんですが。というわけで、今回はこの映画を観に行くことになったのです。

 

あらすじ

ではそんな私の2018年の映画目標に沿った映画鑑賞第一発目映画の『未成年だけどコドモじゃない』のあらすじを紹介していきます。

 

超が付くほどお嬢様な主人公、香琳は高校の初登校の日、そして同時に16歳の誕生日に高校で「王子様」と呼ばれる尚先輩に出会い、彼が香琳の長年夢見てきた理想の王子様像にぴったりだということで一目ぼれしてしまう。

夢気分で自宅に帰ってきた香琳だったが、急きょ父親から「お前は明日、パパの決めた男性と結婚する」と伝えられる。今日学校で王子様に出会ったばかりなのに結婚なんてありえない!と大暴れした香琳だったが、なんとその相手こそ尚先輩だった。香琳はその結婚を承諾することになる。

こうして、トントン拍子で尚先輩と結婚し、同棲することになった香琳。しかし、そんな彼女に向かって尚先輩は「俺たち、結婚したけど夫婦じゃないから」と言い放つ。なんと尚先輩は香琳の父親の財産目当てで結婚を承諾していたのだった。「俺たちが結婚してることは絶対に言うな。ばれたら退学なんで」という尚先輩に香琳はショックを受けるのであった。

一度はくじけそうになる香林だったが、「先輩に香琳のこと絶対好きって言わせてみせる!」と息巻く香琳は自分なりに努力をし始める。そんな彼女の姿を見ていくうちに、尚先輩も段々と香琳に心を開き始める。

香琳が今までとは全く異なる変化を見せていくことに、香琳の幼馴染の五十鈴(リンリン)は不審に思い始める。「ねぇ、なんでそんなに頑張ってるの?彼氏?」と探りを入れていくうちに、五十鈴は香琳と尚先輩が結婚していることを突き止めてしまう。香琳は五十鈴に結婚のことを秘密にしてほしいと頼むが、五十鈴は黙ってやる代わりに「今すぐ離婚しろ」と言うのだった。

果たして香琳と尚の結婚生活はどうなるのだろうか…?

 

詳しくはこちらでご確認ください。


「未成年だけどコドモじゃない」予告【12月23日公開】

 

感想

f:id:slhukss1:20180111004304j:plain

source:マンガ「未成年だけどコドモじゃない」第一話 - YouTube

 いや~~~!!!ここまであらすじだけで全部がわかっちゃう映画もめっちゃ珍しくないですか?あらすじでもうおなか一杯だわ!って感じ!すごい!

あと個人的にめっちゃびっくりしたのは、この原作漫画の作者が水波風南だってことですよ。だってみなさん水波風南ですよ?知ってますか水波風南?『今日、恋をはじめます』より前の水波風南知ってます?

f:id:slhukss1:20180111004614j:plain

source:https://www.amazon.co.jp/蜜×蜜ドロップス-ドラマCD/dp/B0006SLBVS

 これ描いてた人間やぞ?!?!?!知ってる?!『蜜×蜜ドロップス』知ってる?!知らないなら知らないあなたのままでいてほしい!端的に言うと少女向けのエロ本みたいな漫画だから!

そんなもの描いてた水波風南の作品をついにジャニーズが演じるのかと、マジでかと。しかもジャニーズが2人も出る映画になったかと。もう涙ちょちょぎれそうでしたよ。(ま~~~実際にはこの原作漫画もめっっっっちゃドエロい漫画みたいなんですけどね~~~!!!!さすがだぜ水波風南!!!!!)

 

そんな感じで観に行ったんですけど、この映画が少女漫画映画なことと、ジャニーズ映画*1な事と、水波風南が原作なことでまぁ~それはそれは期待値低めで観に行ったんです。それが功を奏したのかめちゃくちゃ楽しんでしまった。(爆笑)

 

というわけで、以下詳細な感想です。

 

①この映画を観てケンティーと付き合わないの無理じゃない?

 

f:id:slhukss1:20180111005414j:plain

source:平佑奈も!中島&知念がカッコ良すぎ『未成年だけどコドモじゃない』予告解禁 - NAVER まとめ

 はい、というわけでね、結局私もなんだかんだ言ってもジャニヲタだし、突き詰めて言えば私も女なんですよね。仕方がないね。中島健人、いやケンティー、あまりにも顔がかっこいい。最高。劇中でも主人公が「顔目当て!」ってキッパリ言うシーンがあるんですけど、わ~~~か~~~る~~~!!!ケンティーマジで顔がいい。

ちなみにそんな主人公に対してあのケンティーが!あのケンティーがですよ?!「俺ってそんなにかっこいいかな?」って言うシーンがあるんですよ。やばくない?全力で「かっこいいよ!!!!!」って言ってあげたい。知ってると思うけど。言いたい。ケンティーコンサートで言ってくれないかな。「俺ってそんなにかっこいいかな?」って。全力で応えるから。

ちなみにみなさん、中島健人ってどんな人か知ってますか?私もそんなに詳しくは知らないんですけど、こんな感じの人です。

f:id:slhukss1:20180111010035j:plain

f:id:slhukss1:20180111010046j:plain

f:id:slhukss1:20180111010135j:plain

まぁこんな感じで、軽くネタなくらい王子様っていうか、ラブホリ先輩っていうか、360度アイドルって感じなんですね。

そんな彼の今回の役どころはまさに

f:id:slhukss1:20180111005853j:plain

こんな感じ。最高。多分この夜会見てたんだろうね。見てたからこの役のオファーしちゃったんだね、このキャスティングした人。わかる。グッジョブだわ。

そんなケンティーが最高にかっこいい映画だったので、ほんとに類人猿のメス全員中島健人に抱かれるためにこの映画観てきてくれませんか?って感じだったんですが、何がそんなによかったのかという話を箇条書きでいいのでさせてください。

  • 主人公に「手慣れてる」と言われるシーンでびっくりするほどのケンティームーヴィング*2で主人公をベッドに押し倒し、めっちゃえっちに服を脱がそうとする(未遂)←重要
  • 主人公の髪をドライヤーを遣って乾かしてあげるシーンであまりにも髪に触れる手が優しい
  • 五十鈴と対面するシーンの姿勢の良さ
  • 10万円かかっていた夕食を食べた後の「俺は何を食ったんだ…」のシーンが呆れてるのに顔が良い。どういうことなんだ。
  • 永遠の愛願う鐘の前で主人公に「これ鳴らしたら、香琳との仲が永遠になっちゃいますよ」って言われて「そうなったら、いいよな」って返すの結婚詐欺以外の何物でもない。
  • クライマックスシーンで「俺、今から人生で一番めちゃくちゃ自分勝手なことする」って言うケンティー、ケンティーにだったら毎日わがまま言われてもニコニコしながら応えちゃうよって感じ。

こんな感じですかね…。ほんと…。顔がいいって罪だよね…。結婚詐欺…。

 

②意外性は何もない

f:id:slhukss1:20180111011340j:plain

source:映画「未成年だけどコドモじゃない」のキャストに中島健人×平祐奈×知念侑李出演決定 | 芸能ニュース速報

 この映画、冒頭にあらすじで話が全てわかると言った通り、マジであらすじ読んだまんま予想外のことは何も起きないんですよね。あとはこんな映画なので、細かいことを気にしてたら負けだな~って感じなので、どうして?っていう思いが全く思い浮かばなくて、なんか悩んでることがあったらこれ観て頭からっぽにしたらいいんだな~って思いました。

まぁひとつ言うなら、この映画の宣伝方法が「Sexy ZoneとHey!Say!JUMPが女の子の取り合いをするぞ!!!」って感じでやってたのに蓋を開けたら知念君の見せ場はほとんど何もなくてほぼケンティーの独壇場だってところですかね。ああいう宣伝方法にするんだったら知念君にもっと見せ場を与えるべきだったと思うんですよね~…。知念君の演じたリンリン、クライマックスシーン手前くらいまでマジでただの当て馬だし、いいところよくわかんないしで、知念君ちっちゃくてかわいいよ~しかわからなくてほんと…。これ知念君目当てで観に行ったらちょっとなんだかな~ってなっちゃうな、って思いました。

 

③主題歌はなぜSexy ZoneではなくHey!Say!JUMPなのか

f:id:slhukss1:20180111012042j:plain

source:知念侑李 出演映画 予告編 『未成年だけどコドモじゃない』 『忍びの国』 等まとめて紹介 - YouTube

 これは公開前から気になってたことなんですが、なぜ主題歌はHey!Say!JUMPなんでしょうね?個人的には作風からしSexy Zoneが担当した方がわかりやすくていいんじゃないかなって思うんですが…。

まぁひとついえるのは後輩グループのSexy Zoneに所属する中島健人が主演の映画に先輩グループであるHey!Say!JUMPに所属する知念侑李が当て馬役で出るっていうのは事務所の上下関係的にまずかったのかな~ってこととか、あとはHey!Say!JUMPが10周年のアニバーサリーだったんで、なるだけシングル出しておいてツアーに披露させたかったのかな~とかいろいろ大人の事情が見えるな~ってことですかね。

でも普通に主役がアイドルで、主題歌もアイドルだったら主役のアイドルグループが歌ってると思うよね~。ちょっとわかりづらいでしょ…。

 

④平佑奈ちゃん動いたらめっちゃかわいい

f:id:slhukss1:20180111012548j:plain

source:平佑奈も!中島&知念がカッコ良すぎ『未成年だけどコドモじゃない』予告解禁 - NAVER まとめ

 私は今作で初めて平佑奈さんを知ったんですが、鑑賞前にこの映画のポスターの平佑奈ちゃんを見ても、ふ~んこんな女優さんがいるんだな~くらいの感想だったんですよね。最近はいろんな女優さんがでてくるね~みたいな。

それで今回本編を観てみて思ったことが結構ありまして。冒頭はちょっときつかったんですよね。「うおー、少女漫画映画のテンションだ~…うわ、めっちゃテンション高い~…」みたいな。ちょっと画面から目をそむけちゃうくらいでした。慣れないので仕方がないですよね…。許してくれ…。

ただ、そのテンションに慣れてくると、平佑奈ちゃんすごくかわいいな!と思いまして。主人公香琳がお嬢様であるからなのか、結構いろいろな髪形になったり、様々なファッションを着こなしたりなどしていたのですが、どんなスタイルでも似合う!すごい!もちろんスタイリストさんがすごいってところも大いにあるのですが、単純に、平さんのお顔立ちだとか、スタイルだとかがどんなスタイルにでも合うのだとおもいます。

あとは少女漫画映画ってそれこそテンションが高いんで、振り切らなきゃできないんですけど、平さんはうまく振り切ってたなーと思います。演技がうまいのか、と言われるとそれとはまた違うんですけど、うまく少女漫画できてる!とでもいうんですかね、そのまま少女漫画から出てきたみたいなテンションを演じていて、漫画を読んでいるような気分になりました。映画を観て漫画を読んでるような気分になるってすごいよね。

今後も少女漫画映画に出られるみたいなので、平さんの今後の活躍に注目ですね。

 

⑤監督の演出方法がジャニーズ映画に合ってない

f:id:slhukss1:20180111013525j:plain

source:ViralVids: The Truth Behind JJ Abrams Star Trek Lens Flares Exposed + Kids With Trek Names – TrekMovie.com

 全体的に今作の監督である英勉監督の演出方法はジャニーズに合わないな~と思いました。特に光の演出が。

だって、ジャニーズ映画なのにジャニーズの顔見えないんですよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ケンティーのめっちゃいいお顔が、見えない!!!!!!!!

めっちゃいいシーンなのに、ケンティーの麗しいお顔が光に反射してもうまぶしい!!!!!!!!!!

あれ?!ケンティーのお顔が輝いてるからまぶしいのかな?!?!ちげえな!これ普通に演出ミスだな!!!!!!!!!!!

ってくらいにはマジで何にも見えないです。あはは。ジャニーズ映画なのに顔が見えないって、それコンサート行って機材でステージよく見えねえみたいな感じだ。(ヲタクにしか伝わらねえ)なんで正規の値段払ってジャニーズの顔が見えねえんだよ!!アホか?!

あとめちゃくちゃどうでもいい子役の芝居で笑いを取ろうとしてくるのが非常~~にサムい。すごくサムい。いらない、いらないぞ~~~!!!

というわけで、英勉監督の作品は今後観ることはないかな~…と思いましたね。逆に、脚本を担当された保木本佳子さんの作品は今後も観てみたいな~と思いました。あらすじで全部わかっちゃう映画なのに、ここまで「面白い!」と思わせる映画にしたのは純粋にスゴイと思います。

 

まとめ

f:id:slhukss1:20180111014853j:plain

というわけで、『未成年だけどコドモじゃない』について今回はお話しさせていただきました。

こんな映画観ることほとんどないので、また新しい経験になりました。今年一年頑張ってジャニーズ映画とお付き合いしていこうと思います。

それにしてもこんな純度100%みたいなラブコメを観ること本当にないので、映画を観た後しばらく私の彼氏ケンティーだと思ってました。違うわ。ケンティーじゃないわ…。っていうか彼氏いなかったわ…。マジか…。ケンティー…。ケンティー会ったこともなかったわ…。とか言ったら「夢の中で会ったでしょ」って返してくれそうなケンティーにマジでセクシーサンキュー…。

個人的にはこんな感じで甘々な言葉をいうケンティーよりも、「Sexyデイアフタートゥモロー」という語彙をすらすらと出せてしまうケンティーを世間には知ってほしいです。そして私自身もケンティーを学ぶために近々Sexy ZoneのコンサートDVDを買ってみようと思っています。

 

 

 

*1:私が作った造語。ジャニーズの顔がメインの映画のこと。話の中身がなくてもいいもの。

*2:私が作った造語。ケンティーのキッレキレの動きに対して感動したときに使われる。とくに動きが1.3倍くらい速いと思われるキメのシーンはだいたいケンティームーヴィング。