読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きねまないと

最近映画が好きになった大学生が素人目線で好き勝手に映画の感想を綴る日記。

あの「ブリジット・ジョーンズ」を超える共感のできなさ!!!「お買い物中毒な私!」とかいうクソ映画を観た。

 

 

 

初めましての方も、お久しぶりの方も、前回ぶりの方もこんばんは。

あやめです。

 

本日の映画

今日は「お買い物中毒な私!」についてお話ししていきます。

f:id:slhukss1:20161223114653j:plain

(source:Sophie Kinsella | Home)

 

 

あらすじ

重度の買い物中毒レベッカ・ブルームウッドは今日も服やバッグをたーっぷりお買い物。そんな彼女はファッション雑誌記者として転職するために面接へと向かっていた。その際にふらっと立ち寄った店で素敵な緑色のスカーフを見つけてしまう

これがあれば必ず面接に受かること間違いなしよ

というマネキンの甘い誘いに乗せられて購入を決意したレベッカだったが、手持ちの現金はないし、クレジットカードは止められていた!取り置きを頼もうにもセール品はNOと断れてしまう。

急いで近くのホットドッグ屋台に小切手を担保にお金を借りようとしたが店主に断られてしまう。怒りにくるいそうになったレベッカだったが、屋台に並んでいたイケメン・ルーク・ブランドンお金を貸してくれたのであった

こうして無事にスカーフを手にしたレベッカであったが、面接に向かうともう求人は終わってしまったと伝えられる。

でも経済雑誌の方は求人してるから、後でファッションの方へ移るのを目指してそっちの面接を受けてみれば?

という受付の言葉に乗せられて面接に向かってみると、そこで待っていたのは先ほど出会ったルークであった…。

 

詳しくはこちらをご覧ください。


映画『お買いもの中毒な私!』予告編

 

 

感想

このブログを開設して初めて書いた記事がこんな記事な時点でお察しなんですが、

いや、ホント全然面白くなかったですね…。驚き…。

だって、買い物中毒な女がイケメンに出会ってうまく行く話ですよ?

なんで???私めちゃくちゃにまじめに生きてる(そうでもない)のに全然イケメンに出会わないよ???堅実に生きてるよ???(そうでもない)

というわけで今回はこの映画を観たのは間違いだったな…と思ったポイントについてお話ししていきます!

 

 ①「バカな女」の古典的なキャラクター

f:id:slhukss1:20161223120650j:plain

(source:Confessions of a Shopaholic - trailer)

もうなんつ~か、おっさんたちが考える「馬鹿な女像」そのままのような主人公なんですよね~!

将来のことなんて考えられない!

お買い物が死ぬほど好き!

同じような服も買っちゃう!

楽しく生きられればいーじゃん!たのしーんだもん!

みたいな感じですね。なめとんのか。誰がこんな女に共感できるんじゃ。

共感できるかこのやろう映画としてこのブログではなんどもこいつを挙げているんですか、こいつよりもひどいですね。

というのも、コメディとしてそこまで面白くないんですよ!!イライラの方が勝っちゃうくらい共感できないんです。

しかも主人公以外もバーゲンで馬鹿みたいにくるってしまう人ばっかり描かれていたりして、本当に馬鹿な女しか出てこないんですよね…。

キャリアウーマンみたいな人も一人しか出てこないし…。ジェンダー的にどうなんですかこの映画…。

 

②というかその服かわいくなくない?

いや、いいんですよ。別に買い物中毒でも。洋服が可愛ければ。ほんとに。

だってお金をそこまで使いたくなっちゃうほどかわいいってことですよね。それならまだわかりますよ。

でもさ、

f:id:slhukss1:20161223121649j:plain

(source:Confessions of a Shopaholic Movie Trailer with Isla Fisher | POPSUGAR Entertainment)

びっくりするほどかわいくなくない?????????

えっ、ダサくない…????やばくない…??????

なにこれわざと???わざとなの????そのどピンクマジか???

っていうかこの服完全におなか出てるようにしか見えないけど大丈夫か????マジか????

というかそのベレー帽のかぶり方がやばくない?!?!?!?!ダサすぎない?!?!?!

いや、これ女優さんが着てるからいくらかマシに見えてるはずなのにびっくりするほどダサくないですか???

もう?のキー壊れちゃうのでは?って思うほど叩いてるけど大丈夫ですか?私のパソコン頑張って!!

これ一般人が着ちゃったら目も当てられないですね。ドン小西とおすぎがマッハ5で飛んでくるレベルじゃない?大丈夫かな。

 

f:id:slhukss1:20161223122334j:plain

(source:Confessions of a Shopaholic Picture 27)

驚きのダサさはあれだけじゃないので困ってしまいますよね…。

恐らくなんですけど、主人公はピンクなどの明るくてはっきりとした色が大好きなちょっとダサめの女の子にわざとしてあるのだと思います。

f:id:slhukss1:20161223122913j:plain

(source:Confessions of a Shopaholic (2009) ~ Sweet Sunday Mornings)

そうすることで明確にファッション雑誌で働く本物のファッション業界の人(上の写真の人)と、そんな業界にあこがれる主人公の図というのを表しているのではないかなぁ…。と。

それにしたって

f:id:slhukss1:20161223123022j:plain

(source:Isla Fisher images Isla: Confessions of a Shopaholic wallpaper and background photos (1703624))

これはないよなぁ…。

 

③救済措置

そろそろ皆さんが

じゃあなんでお前この映画観ようと思ったの?

と言う頃かなぁ~と思いまして、この映画の言い点を最後にお話ししようかな!と思います。

この映画を観ようと思ったきっかけは、ジャン!

f:id:slhukss1:20161223123517j:plain

(source:http://rebloggy.com/post/hugh-dancy-confessions-of-a-shopaholic/61838328328)

そう!ヒュー・ダンシ―です!どちゃくそミーハー婆ですからね!すいません!

ちなみにこのブログではこちらの記事ヒュー・ダンシーさん主演の「ハンニバル」について以前お話ししています。

この映画観るくらいならみんな頼むから「ハンニバル」を見てくれ…。Huluで全シーズン見られるし頼む…。

また、これは全くもって素晴らしい偶然の出会いだったんですが、

f:id:slhukss1:20161223124049j:plain

(source:Confessions of a Shopaholic Picture 31)

最高にかわいいな~!と個人的に顔を激推ししているクリステン・リッターも出ています!

クリステン・リッターは最近だとマーベルのドラマ「ジェシカ・ジョーンズ」で大注目の女優さんですね。

肌が白くて髪が綺麗に黒髪でリアル白雪姫なところが個人的にだいすきです。もし白雪姫実写化するならクリステン・リッターで頼むぜディズニー!!!

 

ちなみにホントのホントは、この作品の主役が「魔法にかけられて」などで知られるエイミー・アダムスだと勘違いしてて観てみることにしたんです。

ちがったけど!!!!全然違ったけど!!!!!!

ジャケットが紛らわしいくらいエイミー・アダムスに似てませんか…???いやこれエイミーだと思うでしょ…。(自業自得)

 

f:id:slhukss1:20161223124619j:plain

(source:Celebrity look-alikes: Are they twins? | www.wgauradio.com)

いやこうやって見ると全然似てないんですけれどね。なんで見間違えちゃったんだろう。

 

まとめ

f:id:slhukss1:20161223124840j:plain

(source:Isla Fisherin Confessions of a Shopaholic. – Chicklit Club Connect)

と、いうわけで「お買い物中毒な私!」は私にはまったく刺さらない映画でした…。

すっごく残念…なんなんだこれは…。

ちなみに批評家からのレビューもかなりめっためただったみたいで…。

改めて映画はレビューを見てから見るのが大事だよな…と考えさせられました…。

この映画をTSUTAYAでレンタルして見てしまったことさえショック…。

クリスマスに「ローグ・ワン」を4Dで観るのでそれで忘れることにします!

それでは皆さんもよいクリスマスをお過ごしください!メリー・クリスマス!

 

slhukss1.hatenablog.com