きねまないと

最近映画が好きになった20代が素人目線で好き勝手に映画の感想を綴る日記。

89分に渡って続く勘違いホラーグロスプラッタ爆笑コント『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』

 

 

本日の映画

今回は『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』についてお話ししていきます。

f:id:slhukss1:20180514212310j:plain

source:Review: Tucker and Dale Vs. Evil - Rely on Horror

 

 

あらすじ

アリソンはどこにでもいる普通の女子大生。今日から大学の仲間たちとキャンプに来たのだが、途中の店で怪しげで奇妙な2人組に出会い、アリソンたちは気味が悪いから先を急ぐことにする。 

…そんなアリソンたちに気味悪がられたタッカーとデイルのふたりは実はなんでもないただの貧しい労働者だった。確かに彼らはキラキラしたようなアリソンたちとは別の世界の住人なのかもしれないが、それでもまじめに生きてきて、今日はそんな彼らにとっての憧れだった別荘を手にした夢の日であった。

そんな2人の夢の別荘はまるでホラー映画に出てくるような見た目のおんぼろハウスだった。こんな別荘でも別荘なことには違いないとタッカーとデイルは別荘の修復に取り掛かった。

2人の別荘にほど近いところにアリソンたちは偶然にもキャンプに来ていた。しばらくすると、仲間内の一人であるチャドがとある怪談話を話始める。「俺たちみたいな大学生が、ちょうど俺たちみたいにキャンプをしていたんだ。でもな、そいつらは知らなかった。自分たちのほかにも人がいたことを…そしてその学生たちはそいつらに1人ずつ殺されて行って死んでいったんだ…

こんな話を聞いた後、彼らはタッカーとデイルが釣りをしていた湖に泳ぎに来てしまい、人がいることに気が付いたアリソンは驚きのあまり、足を滑らせて湖に真っ逆さまへと落ちてしまう。自分たちのせいで女の子が死んでしまうと焦ったデイルたちはアリソンを助けに行き、学生たちに引き渡そうとするが、学生たちは二人を殺人鬼だと勘違いし、逃げてしまう。

こうしてタッカーとデイルそして学生による不運な生き残りサバイバルバトルの火ぶたがなぜか切って落とされてしまう…!!!!!

 

詳細はこちらをご覧ください。


Tucker & Dale Vs Evil (2011) - Redband Trailer [HD]

 

感想

f:id:slhukss1:20180514214046j:plain

source:Tucker and Dale vs. Evil Review | Movies-Films-MotionPictures

うお~~~~なんだこのヤバそうな映画は~~~~!!!!とニコニコニヤニヤしながらAmazonプライムビデオで視聴してしまいました!

ショーン・オブ・ザ・デッド』に次ぐようなホラーコメディ映画として抜群に面白い映画でした!というか、私的には『ショーン・オブ・ザ・デッド』はコメディゾンビ映画なので、ホラーコメディ映画としては今作が初挑戦という心持で観ました!楽しいです!

コメディなのに怖い!怖いのにコメディ!そして意外にも張られていた伏線!そしてわりとしっかりと飛び出るグロスプラッタ要素!頭のおかしい要素てんこ盛りで送られるめちゃくちゃな映画でほんと頭おかしい映画がだいすきな人に贈りたいこの一本!

本日はこの映画についてお話ししていきます~!!!

 

①クオリティは一見学生映画?

f:id:slhukss1:20180514214527j:plain

source:REVIEW: Tucker & Dale vs Evil : Philmology

Amazonのレビューにも書いてあったんですが、この映画再生し始めて30分くらいず~~~~っと学生製作の映画のようなクオリティが続いていくので、ちょっと最初は心が折れてしまいそうにもなるかもしれません。

が、しかし!そこであきらめたらもったいない!この映画実は学生映画に見せかけてそのあとがめちゃくちゃ面白い!私はこの映画をダウンロードして新宿のドトールで観てたんですけど、周りに人がいるのにゲッラゲラ1人で笑いながら見てました(ほんとすみません)。

もうその頃には撮影のクオリティが学生映画レベルじゃね?とか全く気にならないというかそんなこと考える暇がなくなるくらい面白くなっていってしまいます。

確かに「そんなのアリかよ!?」と思わせるような展開なども待っているんですが、それもひっくるめて今作の長所なので、そのトンデモ感を楽しんでください!

 

②ホラー映画が嫌いでも観られる!

f:id:slhukss1:20180514215026j:plain

source:Here’s Some Amazing News: Tucker and Dale vs Evil 2 is Coming!

この映画のすごいところは「ホラーコメディ」と銘打っておきながらホラーが見られない私のような人間でも観ることができるところでした!

とは言っても確実にグロ・スプラッタ耐性は必須ですが!

この映画、何が面白いって、「ホラー映画に出てくる”悪役”って実はこういうことなんじゃね?」みたいな角度から話が進んでいくところです。あらすじにも書いたんですけど、この映画って基本的に勘違いで進んでいく映画なんです。そう、それはまるでアンジャッシュのコントのような!勘違いが複雑に絡み合ってどんどん熱くなってしまうというお話しなのです。たのし~~~!!!!!

ちなみに皆さんはアンジャッシュのコントはどれが好きですか?私は旅行のアルバムを逆に見ているコントがすきです。

そしてそんな私が今作で一番ゲラゲラ笑ってしまったのは上の写真のシーン。あまりにも綺麗なフォームで入っていくもんだから少し感動さえ覚えながら観た記憶があります。このシーンは最高です。

 

③タッカーとデイルがどこまでもいいやつ、のはずなのに

f:id:slhukss1:20180514215525j:plain

source:Yeehawesome! 'Tucker & Dale vs. Evil' Sequel Coming | Fandango

 もうこの映画何が最高って、学生の側から見たらタッカーとデイルが残忍な殺人鬼の2人組なんですけど、二人の側から見たら勝手に周りの人間がどんどん死んでいくという殺人鬼が目の前にいるよりも怖い環境に置かれることなんですよね!(爆笑)

今これを打ちながらも面白すぎて笑いがこみあげてきてしまいました。それくらい楽しいです(笑)

勝手にドンドンドンドンドンドン人が死んでいくんですけど、二人は別に殺そうとは思ってないどころか、救おうとしているのに全く聞き入れてもらえず、どんどん勝手に周りが死んでいくものだから、いつしか二人は「やばいこいつら自殺集団だ!!!」と結論付けて逃げ出そうとするので、それがまた面白い!二人がすべての元凶だと思われているのに、二人は自殺集団を恐れて逃げ出そうとするという…!誰もマトモではないので、ガンガンに人が無駄に死んでいくのがもう不謹慎極まりないんですけど、おっかしいんですよね…。

 

④実は張られていた伏線

f:id:slhukss1:20180514220054j:plain

source:Chelan Simmons images Tucker & Dale vs Evil wallpaper and background photos (23071425)

 ゲラッゲラ笑いながら最後まで見てみると、なんと実はあの下りは伏線だったのか…ということが何個か出てきます。映画を観慣れている人ならこれは伏線だな、と気が付くかもしれませんが、全くそんな映画だと思わずにただの(ホラー)コメディ映画だと思って観ていると「うっそー!!!!そんなところにそれ活きてくるんかい!」と嬉しくなっちゃうこと間違いなしです。

私よく言いがちなんでいい加減怒られそうなんですけど、ホントに『ハングオーバー!』のような見事な伏線の張り方!…とまで言うと言い過ぎですが、「まさかこんな映画なのに伏線があるとは」という感想でいえば『ハングオーバー!』に似通っていると思います。ぜひ「なるほどそれはここにつながるのか!」と驚いていただきたいです。

 

まとめ

f:id:slhukss1:20180514220524j:plain

source:tucker and dale vs evil - PopOptiq

 最近は映画館で観た映画ばかり記事を書いていたので、久々に配信ものの記事を書けて良かったです!実は週に3~4本くらい配信映画を観ているので、もっと配信ものの記事も書いていきたいなとは思っているのでこれからちょっと頑張って書いていきたいと思います。

しかし、この映画ほんとにここ最近見た映画の中で1番面白かったし、出会えてよかったと思うくらいお気に入りの映画になりましたので、ほんとにほんとにおすすめです!

ちなみにこの映画はRotten Tomatoesでも83%の高評価で、Amazonのレビューも☆4.5など、実は隠れた人気映画なのです。かくいう私も「ポスタークソ映画っぽいのに評価高いの謎すぎる…」とか言いながら観たのですが、レビューは裏切らない…!すごい!

というわけで、今回は『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』をご紹介いたしました!

こちらのコメディ映画もお勧めです。

slhukss1.hatenablog.com

 

 

お知らせ(未定)

上述したように、配信対象の映画についてもお話ししていきたいし、映画を観たときの感想を文にするのもいいんですが、こうもっと興奮した感想も残しておきたいな、という強い想いがありまして…。なので、もしかしたら近々ネットラジオ的な形で、声で伝える映画レビューというか映画感想をやっていくかもしれません…!

あとはニチアサの話もしていきたいし、ジャニーズの話もしていけたらな~と思ってます。どのくらいの方が聴いてくださるかはわからないんですが、まぁ私がやりたいことなんで、やっちまえばいいか!と思ってます。

と言っても予定は未定なので、やらないかもしれなくもないです。ただ始めた時は1分でもいいので聴いていただけたら嬉しいな~と思います。よろしくお願いします!