きねまないと

最近映画が好きになった大学生が素人目線で好き勝手に映画の感想を綴る日記。

「名探偵コナン から紅の恋歌」を4回観てきたので、そのすごさを語らせてくれ。

 

 

初めましての方も、お久しぶりの方も、前回ぶりの方もこんばんは。

あやめです。

 

本日の映画

今日は、「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」についてお話ししていきます。

f:id:slhukss1:20170425112948j:plain

(source:名探偵コナン から紅の恋歌 || TOHOシネマズ)

 

あらすじ

毛利小五郎に関西の不動産王で、かるた会である皐月会の会長・阿知波研介氏との対談の依頼が入ったため、江戸川コナンと、毛利蘭、そして少年探偵団の3人は小五郎とともに大阪の日売テレビに、服部平次遠山和葉とともにやってくる。

出演者の一人・矢島俊弥がやってこないということで、対談の時間が遅れることに。その間に一行は未来のかるたクイーンと言われる大岡紅葉に遭遇する。紅葉は服部を見るなり、服部を「うちの未来の旦那さん」と呼ぶのだが、一体彼女は何者なのか…?

しばらくすると、日売テレビにメールでかるたの画像の添付ファイルがついた爆破予告が届き、全員が建物内から避難させられることに。

避難が終わったあと、矢島が殺されたという連絡が入る。果たして日売テレビの爆破と殺人は絡んでいるのか、犯人の狙いは何なのか…?

 

詳しくはこちらをご覧ください。


「名探偵コナン から紅の恋歌」予告

 

感想

名探偵コナンは昔から見ていたんですが、5,6年前からがっつりハマるようになりまして、それから毎年映画は映画館を観に行っています。

そんな私ですが、コナンの映画を映画館でリピート鑑賞したことなかったんですね!なかったんですが、今年のこの「から紅の恋歌」、初めてリピート鑑賞してしまいました!しかも4回も!!

というわけで、今回はどうしてこの「から紅の恋歌」がそんなに素晴らしいのかをお話ししていきます!

 

服部平次がかっこいい!

f:id:slhukss1:20170425115556j:plain

(source:http://renote.jp/articles/3696)

服部平次といえば「せやかて工藤」でおなじみで、何かと工藤、工藤と言っているというイメージが近年では強いのではないかと思います。

が、しかし、今回の映画では違うんや工藤!!!

もうのっけから最後まで服部平次がめちゃくちゃかっこいいです!Twitter「この映画を観たら平次の女になっちゃう!」「いやいや、もう私は和葉だった!ずっと一緒に人生を歩んでいた幼馴染だった!」と騒がれてますが、マジです。女の子は絶対平次に惚れちゃう映画です。最高。

ちなみに、原作の平次と和葉のストーリーをちゃんと読んでから「から恋」を観るとさらにストーリーに深みが出るとか、出ないとか…。

 

 

 

②新キャラ大岡紅葉ちゃんがかわいい! 

f:id:slhukss1:20170425120543j:plain

(source:大岡紅葉 | 名探偵コナン Wiki | Fandom powered by Wikia)

新キャラクター、大岡紅葉ちゃんが最高にかわいいです~!!!!

京都人ならではの厭味ったらしいところもかわいいんですが、おっぱいも大きいし、かるたをやってるときはきりりとしていてかっこいい!

いやしかし、みなさん、あれ、これ…「ちはやふる」のあのキャラクターのぱくりじゃね…?と思いませんでしたか?そう、

f:id:slhukss1:20170425120831j:plain

(source:http://denshinovel.com/?p=4550)

そう、しのぶちゃんですね。未来のクイーンで嫌味っぽくて、京都弁。うん、しのぶちゃんとキャラ被ってんな!!

と、さすがに作者の青山先生も思ったそうで、そのために紅葉ちゃんは髪を茶色にして、ピアスだとかネイルだとかでチャラさを出してみて…など、しのぶちゃんとの差異を出したそうです。

ちなみに、そんなキャラ被りが縁で、しのぶちゃんと紅葉ちゃんのコラボ色紙が実現したりもしています。

www.conan-movie.jp

 

③脚本家が推理小説

今回の脚本を務めているのは、このミステリーがすごい!などにも作品が選ばれている大倉崇裕さんなのです!

twitter.com

そのため、いつものお決まりの「らーーーーーーーーん!」はこれまでのコナンの中でもかなりの少なさだと思います。

あと、ちゃんと、服部をメインに描いている映画なので、コナンくんばかりが活躍するということはありません。

コナンくんも、服部も、そして大阪府警京都府警もしっかりと活躍する映画でした。

 4回観て飽きないの?と言われそうですが、観れば観るほど気づきがあったり、それぞれの登場人物により深く感情移入ができる作品になっていて、重ねて面白くなっていきます!リピート鑑賞、おすすめです。

 

④和葉ちゃんはいい子だ、かわいい

f:id:slhukss1:20170427132716j:plain

(source:【平和の和】遠山和葉の合気道振舞うかわいい画像を徹底紹介【名探偵コナン】 | festy(フェスティー))

和葉ちゃんってかわいいんですけど、なかなかスポットが当たることのないキャラですよね。いつも平次が活躍してるのをちゃんと見ててあげる存在という感じ。

でも今回の映画は違う!!今回の映画の主役は、遠山和葉や!!!とでも言うようなストーリー構成。

和葉ちゃん頑張れ!!!と和葉ちゃんに寄り添って観てしまうこと間違いなし。

泣いたり、笑ったり、怒ったり、悔しがったり、いろんな表情を見せてくれる和葉ちゃんってなんてかわいいんでしょう!

蘭ちゃんもかわいいんですけど、蘭ちゃんは和葉ちゃんに比べてお姉さん感が強いので、面倒見がいいこともあり、自分の感情をセーブすることが多いと思うんですが、和葉ちゃんは百面相みたいに自分の気持ちに正直にコロコロ表情を変えて、観客を楽しませてくれます。

そんな和葉ちゃんと、はんなり美人の紅葉ちゃんの対決は、ぜひ劇場でご覧ください。かるた対決の和葉ちゃん、紅葉ちゃんのかっこよさは圧巻です。

ちなみに和葉ちゃんの中の人こと、宮村優子さんは前から平次と和葉の仲が進展するように、ライバルの登場を待っていたらしいのですが、平次のライバルとなるキャラを期待していたために、今回和葉のライバルが出てきて「そっちー?!」と驚いたんだとか。

確かに、平次のライバルが出てきて平次が和葉のために焦るところも見たかったですね。まぁ、それは「俺の和葉に~」の回で補完ということで…

f:id:slhukss1:20170427133553j:plain

(「名探偵コナン」FILE881より)

 

まとめ

f:id:slhukss1:20170427135135j:plain

(source:劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌』からポスタービジュアル公開!寄り添う平次と和葉…今回のストーリーは? - にじめん)

というわけで、名探偵コナンの劇場版シリーズの中でもかなりのクオリティの高さを誇る今年の映画「名探偵コナン から紅の恋歌」でした!

今年の映画は異例なことばかりで、例えば警視庁の目暮、高木、佐藤、白鳥などが全く出てこないだとか、全編にわたって関西が舞台であることなどが挙げられます。

とにもかくにも大満足な「から恋」、私はとってもおすすめです!ゲスト声優の吉岡里帆さん、宮川大輔さんの演技も素敵ですし!個人的には昨年の純黒よりも今年の映画の方がすきなくらいです…!素敵!

あと、コナン君のびっくりアクロバティック超人技も健在です。安心してください、人間じゃないですよ。

ぜひぜひ劇場で大迫力かるた殺人事件の目撃者になってください!

 

追記

先日名探偵コナン から紅の恋歌」の興行収入が50億円を突破したそうです~!おめでとうございます!

→先日ついに「から紅」の興行収入がコナン映画史上過去最高を更新したそうです!さらにさらにおめでとうございます~!!!

 ちなみに。

とのことなので、来年の映画も楽しみです。

 

 

次回予告

次回(またはその次)は、映画館での鑑賞マナーについての記事第2弾を書きたいと思います。→書きました。

slhukss1.hatenablog.com

先日、なんだかぞっとするような悲しくなるような鑑賞マナーについての記事を見かけたので、前回よりパワーアップさせた記事を書ければな!と思っています。

そのために、現在このようなアンケート↓を行っております。よろしければ、投票よろしくお願いいたします。→アンケート締め切らせていただきました。上記の記事に結果ございますのでよろしければそちらをご覧ください。

ちなみに前回の記事。

slhukss1.hatenablog.com